その建物、お任せください 特殊建築物定期調査 建築設備定期検査 お届きの通知、きちんと確認していますか?

法律で義務付けられている検査です 詳しくはこちら
建築基準法第12条の規定により、指定の特殊建築物・設備は定期的に調査・検査をして報告をしなくてはいけません。
検査を怠るとこんな危険があります 詳しくはこちら
建物の劣化や設備の整備不良が原因でさまざまなトラブルが発生する可能性があります。ときには命にかかわる大きな事故へと発展するケースも。

こんな建物が対象です マンション 商業施設 オフィスビル 総合病院

大型マンションなどが対象となるケースがあります。また、ホテルや商業施設、床数の多い病院なども対象となりえますのでご注意ください。

対象となる建物について

建物の調査を一級建築士に依頼してみませんか?

法律として定められているのにもかかわらず、少なくない数の建物が定期調査・検査をせずにいることが伺えます。調査や検査の不備が原因で起こる悲しい事故はなくならず、ときに甚大な被害をもたらすこともあります。

私たち建築・設備点検センターは、特殊建築定期調査や建築設備定期検査を承っています。建築・設備に関するあらゆる知識を持つ一級建築士を中心にお持ちの建物に伺い、適切な調査・検査を行って関連省庁への報告も行います。また、当事務所は建物の劣化や設備の不良などを発見し次第、症状と対策、必要な工事などについてのアドバイスも行えます。
定期調査・検査が法律で定められているのには、怠ることでかけがえのない生命や財産を失うリスクがあるためです。必要な調査・検査を、当事務所では他社よりも取り組みやすい費用にて行いますので、まずは一度ご相談ください。

建築士にご依頼いただくメリット

調査・検査は特定の講習を受けた「特殊建築物等調査資格者」や「建築設備検査資格者」でも行えますが、建築・設計のエキスパートではありません。
建築士であれば資格者に比べて建築全般にかかる豊富な知識を有しており、中でも一級建築士は特に優れた知識と判断力でもってご対応が可能です。
そのため、重要な建物の調査・検査を頼むのであれば、建築・設計に精通した一級建築士への依頼がもっとも信頼性が高いといえます。

サーモグラフィによる正確な外壁診断

特殊建築物等定期調査・建築設備定期検査ガイド

建築・設備の定期検査について
実績一覧
事例紹介
お客様の声
サービスの流れ
料金目安と注意事項
サービス案内
付帯サービスのご紹介
顧問サービスについて
一般社団法人
建築・設備点検センター

【資格】
・一級建築士
・特殊建築物等定期調査
 実績講習会修了者
・鉄筋コンクリート系
 マンション健康診断技術者
・JFMA認定ファシリティ
 マネージャー
・CASBEE住宅評価員
・住宅性能評価講習修了者

〒162-0812 東京都新宿区西五軒町4-10 植木ビル202
03-6228-1034
無料お見積もり依頼